「コトバ」を掘り下げる

日本には古来より「言霊」というコトバがあります。
言葉の中に霊力のようなものがあり、そのチカラが人を動かす。

いい意味や悪い意味でもいろいろあります。
教育、思想、そして洗脳…。相手の響く形で言葉を紡ぐと、相手にとってその言葉は重く深いものになったりもします。
「恋は盲目」と言いますが、近いものがあるかもしれません。。。(経験は浅いですが(笑))

言葉を怪しいものとして捉えるということではなく、ここでは言葉は「使いよう」だということをお話したいのですね。
言葉を掘り下げることが重要なのは、「キャッチコピー」とか「コピーライターの書く文章」とか言葉に特化した重要な要素があることでもお解りいただけると思います。

Ex.1 クルマの宣伝
・クルマ、売ってます
・この素晴らしい1台をあなたに
・何者も寄せ付けないゆとりの1台
・自動ブレーキで事故を未然に防ぎます
・30km/L驚異の超低燃費!
・にぎやかに、子どもたちと遊び尽くせ!
・最高速度280km/h 300ph ぶれない男のアクティブサルーン
・タイムトラベルしたみたい!中身は近未来、見た目はノスタルジック!

どの言葉がささりましたか?
え?クルマはいらない…?orz

これは、どのコピーがいいとか悪いとかでは無く、人によってささる言葉が違うので、「いやいや、これしかないでしょ。」と思う人が、その「これしか」が様々だということです。

Ex.2 肉の宣伝
・ステーキ、あります
・アブラの乗った新鮮な分厚いロース
・サシのない、阿蘇の赤牛ステーキ!
・牧草で育った、健康な牧草牛ステーキ
・アンガスサーロインの滴る肉汁
・本当にステーキ?前代未聞の新感覚ステーキ、その正体は?

これも同様ですね。
どのコピーが刺さるかは人によって違います。
おそらく、一番刺さらないだろう言葉は、どちらも最初のコピー。

昨年末、とある人々とセミナー後、忘年会をかねて、あるお店に飲みに行きました。
日本酒が飲み放題…。その段階で珍しいお店だと思うので、十分差別化できると思いますが、そこの女将の日本酒に関する蘊蓄が凄かったのです。
人は純粋に味だけで食事を選んでいません。
場所、雰囲気、ニオイ、盛られる器、そして、一緒に飲む仲間や手に入る知識も味のうちなのです。
ここで、女将の薀蓄は「ここは凄い」という驚きとともに「なるほど」「ふむふむ」と耳を傾けていきます。
これはコトバのチカラです。

ただ商品が並ぶだけではない、ただサービスを提供するだけではない、人の気持ちによりそう、それを支えるのがコトバです。

逆にコトバは凶器にもなります。
クレーマーの心無いわがままはお店のスタッフのモチベーションを下げます。

考えてください。
あなたは自分に攻撃的な人に、優しい丁寧な営業をしたいですか?

コトバのチカラは応対力とも言えます。
最初から貶めることが目的の相手には通用しませんが、そうでない場合は有効に使えるものです。

うちの会社はどういったコトバが使えるだろうか?
コピーの考え方はどうやったらいいだろう?

コトバのチカラが大切だと気がついたあなた、
どこに相談していいか悩んでいるあなた、

熊本県よろず支援拠点は中小企業の経営のお困りごとを相談するための国の支援施策です。
何度でも、お声をかけてみてください。
スタッフも17名。さまざまな分野のエキスパートがご相談をお待ちしています。



キーワード

中小企業・小規模事業者セミナー経営実践セミナー経営セミナーよろず相談売り上げUPモチベーションマネージメント女性起業家経営者IT活用業績向上経営改善中小企業等経営強化法創業SNS活用キャッシュレスIT導入ネット集客起業補助金ブログPR人手不足交流分析士ブランディング事業譲渡ものづくり補助金女性起業家支援チラシ熊本地震復興支援ホームページ作成相談会販路開拓集客コーディネータブログコーチング会社分割小規模事業者持続化補助金八代創業セミナー稼ぐ脳持続化補助金熊本商工会議所決算書海外進出成長経営AIホテル旅館マーケティング事業承継海外インバウンド定期勉強会セルフコーチングよろず女子会マルシェiDeCo個人型確定拠出年金助成金IT導入補助金スパムメール販促ネット販促女性起業支援キャッシュレス 消費者還元事業水前寺公園独立成長企業補助事業者効率化地域団体商標マイナンバーカード営業女性活躍推進基盤整備委託事業女性起業家等支援ネットワーク構築事業LED九州後継者デザインくまもとヒオッキー売り方売れるデザイン商品企画九州女性起業家活躍推進事業旅館集客ホテル集客企画開発ハロウィンインスタ映えインスタインスタマーケティング売れるECネット通販戦略熊本中央信用金庫日本政策金融公庫業務改善助成金ITマスターITコーディネータセキュリティWi-Fi