• 経営改善について、お困りではありませんか?

「うちの商品はモノはいいんです!」


だいぶ暖かくなってきましたね。
こんにちは。
コーディネーターの上村(かみむら)です。

 

ついに我が家では日曜の夜から「扇風機」を使い始めました。
冷房も併用です(^^;

 

しかし、問題が発生!
扇風機の中に手を突っ込もうとする我が家の仔猫たち。
困った。去年まではそんな心配なかった(8月に拾ってきて、まだ目も開いてない時期だった)が、今年からは要注意だ。

パッと思い浮かんだのは、ダイソンの羽根のない扇風機。
数万円します。先日庭にン十万使ったばかり…痛いなぁ。
でも…。

 

そう、ここでは「猫に怪我をさせないための羽根の無い扇風機」というのが需要として喚起されたわけです。
羽の回転速度とか、首振り角度とか、前のが壊れたからとか、前のより高品質なものが欲しくなったから…では無いのです。
よく「うちの商品はモノはいいんです!」という方が多くいらっしゃいます。

 

しかし、人によってニーズが違うため、評価は変わってきます。
例えば、同じ出力、能力で電気代が○%削減された商品があると仮定します。
しかし、電気代に興味が無く、それよりも今回みたいに「ペットに危険じゃないもの」を求めている人から見たらどうでしょう?
そう、「モノがいい」のと「売れるモノ」は違うということです。

 

私は5年ほど前から欲しい車があり、今年買い換えたいと思っていました。発売されたのは去年です。今年の車検での買い替えを考えていました。
しかし、衝撃の事実で、買うつもりだったグレードがラインナップからなくなったのです。
「俺の買う気はどうしてくれる!」
と言ってもどうにもなりません(^^)
結論は「今年はまた車検を通そう」です。

「メーカーはこれまでにない素晴らしいクルマです」と言っています。
品質とニーズは違います。

 

あなたのお客様は何を求めているのでしょうか?
求めていることに応えられるのか?
それは、ブランドとして顧客層が合致しているか?も併せて考える必要があります。

「うちの商品はモノはいいんです!」

ではなく、

「うちの商品は、こういう方々に、このように使って頂き、このように喜んでいただいています。」
または
「うちの商品は、こういう方々に、このように使って頂き、このように喜んでいただけるものです。」

が大切ではないでしょうか?




キーワード

中小企業・小規模事業者セミナー経営実践セミナー経営セミナーよろず相談売り上げUPモチベーションマネージメント女性起業家経営者業績向上IT活用経営改善中小企業等経営強化法創業IT導入起業ブログPRネット集客人手不足交流分析士事業譲渡SNS活用熊本地震復興支援相談会販路開拓補助金集客コーディネータブログコーチングブランディング会社分割チラシ八代稼ぐ脳持続化補助金熊本商工会議所決算書海外進出成長経営AIホテル旅館マーケティング海外インバウンド定期勉強会セルフコーチングよろず女子会iDeCo個人型確定拠出年金キャッシュレス創業セミナー独立成長企業ホームページ作成補助事業者効率化地域団体商標マイナンバーカード営業女性活躍推進基盤整備委託事業女性起業家等支援ネットワーク構築事業LED九州後継者デザインくまもとヒオッキー売り方売れるデザイン商品企画九州女性起業家活躍推進事業旅館集客ホテル集客企画開発事業承継ハロウィンインスタ映えインスタインスタマーケティング売れるECネット通販戦略熊本中央信用金庫日本政策金融公庫業務改善助成金ITマスターITコーディネータセキュリティWi-FiWAP2脆弱性交流分析マルシェ税制優遇外国人技能研修性制度外国人材受入訪日外国人中小事業主掛金納付制度軽減税率対策補助金所得控除出張相談会