• 経営改善について、お困りではありませんか?

イジメは会社までもつぶしてしまう


昨年からスポーツ界ではパワーハラスメント(いじめ、嫌がらせ)の問題が発生しています。ニュースで頻繁に取り上げられるなどパワハラが一旦発生すると、大きな問題が引き起こされます。何にもいいことがありません。

 

1つ目 被害者

パワハラを受けた被害者は、尊厳が傷つけられて自信を失い、うつ病などの病気になったり、休職、退職、場合によっては自殺に至ることもあります。

 

2つ目 加害者

一方、ハラスメントを行った人は、職場での評価や信頼を失い、会社の懲戒処分を受けます。その家族も生活の糧をなくします。更には、被害者からの訴訟のリスクを抱えることになります。

 

3つ目 職場の人たち

職場の周囲の人への悪影響です。ハラスメントのある職場は暗くなります。登校拒否のような、登社拒否をする人も出てくるでしょう。会社が何も対応しないと、「次は自分」と会社への不信が増大します。やる気がなくなります。ひいては、人材の流出につながります。

 

4つ目 会社

パワハラは会社にとっての大きな損失です。職場環境の悪化によって職場秩序や仕事の能率低下、人材流出など事業活動への悪影響と会社の信用低下、売上減少につながり、倒産の危機に直面するかもしれません。更に、使用者責任を問われれ訴訟リスクを抱えることになります。

 

 

 

パワハラやセクハラなどを含めてハラスメントは発生したら、その解決に多大の時間と労力がかかります。これほど予防が大事な課題はありません。

 

今までは終身雇用、年功序列の中でパワハラを受けても我慢していました。労働需要が流動化して、あるいは人手不足で、今では、従業員はそれほどまでにひとつの会社にこだわらなくなりました。このような社会事情の変化でハラスメントが外に出やすくなりました。

 

世の中には思っていても、言っていいことと、言ってはならないことがあります。

 

パワハラをを予防するために、社長を含むすべての社員のパワハラセミナーの受講、相談窓口、ハラスメント対策委員会の設置が急務となります。

 

一度、目をつむってみてください。いままでの勤務生活で、一番モチベーションが高まったころを思いだしてください。会社の皆が協力して、助け合い、業務を成し遂げたころのことではないでしょうか。

 

もう一度、目をつむってみて、会社で一番やる気をなくしたころのことを思い出して下さい。どんな職場だったでしょうか。

 

 

熊本県よろず支援拠点 コーディネーター 原川 修一

 

(厚生労働省平成30年度働きやすい職場環境形成事業:平成31年1月23日&24日、公益財団法人21世紀職業財団「職場のパワーハラスメント対策セミナー」参加内容とその感想)

 

 




キーワード

中小企業・小規模事業者セミナー経営実践セミナー経営セミナー売り上げUPよろず相談モチベーションマネージメント女性起業家経営者業績向上IT活用経営改善中小企業等経営強化法創業IT導入起業ブログPRネット集客人手不足事業譲渡SNS活用熊本地震復興支援相談会販路開拓補助金集客コーディネータブログ交流分析士コーチング会社分割チラシ八代稼ぐ脳持続化補助金熊本商工会議所決算書海外進出成長経営AIホテル旅館海外インバウンド定期勉強会セルフコーチングiDeCo個人型確定拠出年金ブランディング創業セミナー独立成長企業ホームページ作成補助事業者効率化地域団体商標マイナンバーカード営業女性活躍推進基盤整備委託事業女性起業家等支援ネットワーク構築事業LED九州後継者デザインくまもとヒオッキー売り方売れるデザイン商品企画九州女性起業家活躍推進事業マーケティング旅館集客ホテル集客企画開発事業承継ハロウィンインスタ映えインスタインスタマーケティング売れるECネット通販戦略熊本中央信用金庫日本政策金融公庫業務改善助成金ITマスターITコーディネータセキュリティWi-FiWAP2脆弱性交流分析よろず女子会マルシェ税制優遇外国人技能研修性制度外国人材受入訪日外国人中小事業主掛金納付制度軽減税率対策補助金所得控除出張相談会創業相談会