• 経営改善について、お困りではありませんか?

大塚家具倒産危機報道にみる資金繰り


こんにちは、コーディネーターの橋本です。

 

先日、大塚家具が倒産危機報道がありますね。
無借金経営の大塚家具がなぜ?

 

企業が大きかろうが小さかろうが、キャッシュがなくなれば倒産を避けられない!

 

大塚家具の29年12月期決算において、年間粗利益額200億円(売上は410億円)に対して、現金預金が19億円しかない(30年3月末には10億円まで減少)。
驚くべき事になんと月商の3分の1しかないのです。しかも毎月4~5億円の営業赤字と出血がずうっと続いているのです。生きた心地がしませんね。

 

当社は無借金経営と言われてますが、金融機関借入に代えてオペレーティングリースの利用が多く、実際には多額の借金を抱えている実態があったようです。リース料支払いが年間90億円あるようです。粗利の半分も。

 

※オペレーティングリースとは、ファイナンスリースと違い、対象の施設、設備等をリース資産として資産計上が不要。つまり事実上の負債。

 

これだけキャッシュがなくなれば、輸血が必要ですね。
金融機関からは50億円の借りれる枠があるそうですが利用されてないようです。
なぜ?

 

じゃあ130億円ある在庫の叩き売りででもキャッシュを確保しなければ、資金ショートでバンザイですが。
何故在庫一掃しないのでしょう?不良在庫?

 

我が家も30年来の顧客でこれまで購入した家具については、アフターフォローのリペアまで含めて満足度は大変高いものがあります。
創業の原点に立ち帰って、お客様に良質な商品サービスを提供する大塚家具の事業存続を願うばかりです。




キーワード

中小企業・小規模事業者セミナー経営実践セミナー経営セミナー売り上げUPよろず相談女性起業家モチベーションマネージメント経営者業績向上IT活用経営改善中小企業等経営強化法創業IT導入起業ブログPRネット集客事業譲渡熊本地震復興支援相談会販路開拓補助金集客コーディネータブログ人手不足交流分析士コーチング会社分割SNS活用チラシ八代稼ぐ脳持続化補助金熊本商工会議所決算書海外進出成長経営AIホテル旅館海外インバウンド定期勉強会セルフコーチングiDeCo個人型確定拠出年金ブランディング創業セミナー独立成長企業ホームページ作成補助事業者効率化地域団体商標マイナンバーカード営業女性活躍推進基盤整備委託事業女性起業家等支援ネットワーク構築事業LED九州後継者デザインくまもとヒオッキー売り方売れるデザイン商品企画九州女性起業家活躍推進事業マーケティング旅館集客ホテル集客企画開発事業承継ハロウィンインスタ映えインスタインスタマーケティング売れるECネット通販戦略熊本中央信用金庫日本政策金融公庫業務改善助成金ITマスターITコーディネータセキュリティWi-FiWAP2脆弱性交流分析よろず女子会マルシェ税制優遇外国人技能研修性制度外国人材受入訪日外国人中小事業主掛金納付制度軽減税率対策補助金所得控除出張相談会創業相談会