• 経営改善について、お困りではありませんか?

会社分割 その3


コーディネーターの高野です。

 

前回、債務の支払いを免れる目的等でなされた会社分割について、詐害行為取消権の行使を認めた最高裁平成24年10月12日判決を紹介しましたが、法人格否認の法理を認めた判例もありますので紹介します。

 

法人格否認の法理とは、『法人とその背後にいる人の間にある形式的独立性を貫くと、不当な結果となる場合に、その問題となる特定の法律関係につき法人格を否定し、会社とその背後にある社員を同一視させ、背後にいる人にも責任を負わせようとする理論』と定義されています。

 

法人格の濫用が問題となる会社分割は、債権者との関係で、既に債務を負っている会社が事後的に会社分割によって新設会社に財産をすべて承継させつつ既存の会社に債務だけを残す場合です。

法人格が支配者により意のままに道具として支配されており(支配要件)、かつ、支配者が違法または不当な目的を有すること(目的要件)が必要とされています(最高裁昭和48年10月26日判決)。




キーワード

中小企業・小規模事業者セミナー経営実践セミナー経営セミナー売り上げUPよろず相談女性起業家モチベーションマネージメント経営者業績向上IT活用経営改善中小企業等経営強化法創業IT導入起業ブログPRネット集客事業譲渡熊本地震復興支援相談会販路開拓補助金集客コーディネータブログ人手不足交流分析士コーチング会社分割SNS活用チラシ八代稼ぐ脳持続化補助金熊本商工会議所決算書海外進出成長経営AIホテル旅館海外インバウンド定期勉強会セルフコーチングiDeCo個人型確定拠出年金ブランディング創業セミナー独立成長企業ホームページ作成補助事業者効率化地域団体商標マイナンバーカード営業女性活躍推進基盤整備委託事業女性起業家等支援ネットワーク構築事業LED九州後継者デザインくまもとヒオッキー売り方売れるデザイン商品企画九州女性起業家活躍推進事業マーケティング旅館集客ホテル集客企画開発事業承継ハロウィンインスタ映えインスタインスタマーケティング売れるECネット通販戦略熊本中央信用金庫日本政策金融公庫業務改善助成金ITマスターITコーディネータセキュリティWi-FiWAP2脆弱性交流分析よろず女子会マルシェ税制優遇外国人技能研修性制度外国人材受入訪日外国人中小事業主掛金納付制度軽減税率対策補助金所得控除出張相談会創業相談会