モチベーションマネージメント6

(平成29年12月10日の続き)

 

〔6〕 会社と社員の信頼関係を築くには

 

前回のモチベーションマネージメント5においては、究極のモチベーションマネージメントとは、「リーダーのために仕事をしようと思わせることだ。」とお話ししました。

社員が、「私たちのリーダーは、リーダー自身を犠牲にして部下のために仕事をしてくれているのだ。」と思うようになり、リーダーと社員の信頼関係があることがたいへん重要です。

 

誰も信頼のおけないリーダーや社長のために一生懸命に仕事をしようとは思わないでしょう。いつリストラされるかわからない会社のために心から仕事をしたいとは思わないでしょう。いつも、組織への不安を抱えて、お客様を満足させる仕事ができるわけがありません。

 

不安の組織の中にいて、外部との競争に勝てるはずがありません。組織の内部にいてどう留まるのかが最大の関心事にならざるを得ないのです。「組織は、構成員である社員を大事にする。」という基本方針こそが、そして、社員とリーダーとの信頼こそが、社員のモチベーションを高める大きな原動力になります。

 

それでは、社員とリーダーの信頼関係を構築するにはどうしたらよいのでしょうか。

私の先輩診断士の先生は、「社員を大事にしなければならない。」といつもおっしゃっておられます。今は忘れ去られた感じがしますが、「家族経営」という概念があれば信頼関係を築くことができるのではないでしょうか。

「家族経営」とは、「社員(正規社員、非正規社員、パートタイマー、アルバイトすべての従事者を含む。)は家族」という考え方で会社を経営することです。

 

社員が家族なら、あるいは社員が子どもなら、子どもが困っているとき、あるいは、できの悪い息子や娘ならばどうされますか。親としては、当然に困っているときは手を握って起こしてあげます。できが悪いならば、学校に行かせて勉強させます。家庭教師を連れてくるかもしれません。リストラなどするはずもありません。

反抗的な息子がいる場合があります。反抗的になった息子は、小さい頃に親が愛情をうまく注ぐことができなかったり、一緒に遊ぶ時間が少なかったのかもしれません。

 

これらのひとつ一つが社風になります。しかし、社風は一朝一夕には変わりません。数年以上かかるでしょう。

 

(平成29年12月25日 熊本県よろず支援拠点 コーディネーター 原川修一)



キーワード

中小企業・小規模事業者セミナー経営実践セミナー経営セミナーよろず相談女性起業家売り上げUPモチベーションマネージメントIT活用KUMAMOTOよろず女子会経営者業績向上SNS活用経営改善ネット集客中小企業等経営強化法創業キャッシュレス女性起業家支援補助金IT導入起業ホームページ作成ブログPR人手不足交流分析士ブランディング事業譲渡ものづくり補助金小規模事業者持続化補助金チラシ熊本地震復興支援相談会販路開拓集客コーディネータブログ事業承継コーチング会社分割八代創業セミナー稼ぐ脳持続化補助金熊本商工会議所決算書海外進出成長経営AIホテル旅館マーケティング海外インバウンド定期勉強会セルフコーチングマルシェiDeCo個人型確定拠出年金助成金IT導入補助金スパムメール販促ネット販促女性起業支援キャッシュレス 消費者還元事業水前寺公園オンライン交流会独立成長企業補助事業者効率化地域団体商標マイナンバーカード営業女性活躍推進基盤整備委託事業女性起業家等支援ネットワーク構築事業LED九州後継者デザインくまもとヒオッキー売り方売れるデザイン商品企画九州女性起業家活躍推進事業旅館集客ホテル集客企画開発ハロウィンインスタ映えインスタインスタマーケティング売れるECネット通販戦略熊本中央信用金庫日本政策金融公庫業務改善助成金ITマスターITコーディネータセキュリティ